402

PiCNiC vol.3「茶谷麻里」

8/26(土)〜10/1(日)

PiCNiC vol.3「茶谷麻里」
2023年8月26日(土)-10月1日(日)
11:00-17:00(休廊日:火水)

アーティストトーク 8月26日(土)18:00-
ゲスト:茶谷麻里・今泉岳大(岡崎市美術博物館 学芸員)
(参加無料・予約不要)

茶谷麻里はこれまで一貫して架空の風景を描いてきた。茶谷が描く風景は筆を軽快に走らせた筆致が特徴で、抽象化された山や木、水辺などのモチーフが律動を刻む大気の中に佇んでいるようである。茶谷はキャンバスに油彩というベーシックなスタイルから2013年頃にモノタイプという版画技法へ展開した。茶谷はアクリル板に油絵具で風景を描き、上から湿らせた紙を重ねて刷り、写し取る。描かれた風景はアクリル板から剥ぎ取られ、痕跡として紙に定着する。紙に転写された風景は反転すると同時に、刷りムラとして刷りきれなかった部分にかすれの効果が表れる。それは風景の隙間に空気の層を差し込むように画面を軽くさせ、風景の幻想性を強化する。
1996年に公開された岩井俊二監督の映画「PiCNiC」では3人の若者が精神病院を抜け出し、壁の上を伝って旅に出かける。彼らのピクニックは、自分たちに纏わる常識や偏見を削ぎ落としながら、世界の真実を探しに行く。茶谷もまた、風景を描き、写し取るという過程を通して、風景の現実性を削ぎ落とし、秘められた世界の核心のようなものを抽出しようとする。茶谷の作品はモノタイプという自身で完全にコントロールしきれない技法を経ることで、作家自身から少し離れ、それを見るわたしたちとの間にひらかれる。茶谷が描く風景はあるいは風景ではなく、私たちを映し出す鏡である。それは、直線的な時間の流れと詰め込まれた様々な現実から遊離し、失われた世界に引き込まれないように抵抗する私たちであるのだ。

【展覧会名】

PiCNiC vol.3「茶谷麻里」

PiCNiC vol.3 「Mari CHADANI」

【開催日時】

2023-08-262023-10-01
11:00~17:00
休館日:火水

【ジャンル】

絵画, 平面その他, インスタレーション

【会場】

8 EIGHT ART HOUSE


8 EIGHT ART HOUSE
愛知県安城市末広町8-4DENCITY 1F

エリア:愛知県内

愛知県安城市末広町8-4

【Webサイト】

https://eightarthouse.jp

【料金】

入場無料

【詳細】

茶谷 麻里 Mari Chadani
1984年 石川県生まれ
2009年 名古屋造形大学大学院造形研究科造形専攻 修了

Solo Exhibitions
2009 曖昧な風景 茶谷麻里展(GALLERY IDF・名古屋)
2010 Flesh2010 「海のある時間」(伊勢現代美術館・三重)
2011 はるひ絵画トリエンナーレ アーティストシリーズ66 茶谷麻里(清須市はるひ美術館・愛知)
山。雲のある時間 (GALLERY IDF・名古屋)
2012 森のかざおと(GALLERY GOHON・名古屋)
2013 moca@mocamoca 茶谷麻里展(インテリアセレクトショップmocamoca・名古屋)
2014 風なる景の色(GALLERY IDF・名古屋)
2015 風まとう色(GALLERY IDF・名古屋)
2017 風音につつまれて(GALLERY IDF・名古屋)
2020 かさなる風に(GALLERY IDF・名古屋)

Group Exhibitions
2007 現代美術国際交流展TRANSIT2007 名古屋展、東京展、アメリカ展(東桜会館/名古屋、ZOKEIギャラリー/東京、Regina Gouger Miller Gallery/USA)
2008 ART man (豊田市美術館市民ギャラリー展示室9・愛知)09,10年にも開催
2010 文化の森ギャラリー2010/Woods Land Gallery(美濃加茂市民ミュージアム・岐阜)
羅針盤セレクションVol.5「イメージの多様性」(アートスペース羅針盤・東京)
2011 若き東海の風2011(ミッドランドスクエア・名古屋)
密度Ⅱ(アートラボあいち・名古屋) 2012
2012 ファン・デ・ナゴヤ美術展2012(名古屋市民ギャラリー矢田・名古屋)
2013 4つの景色展(松坂屋名古屋店第3画廊・名古屋)
2016 みのかもannual2016 わいわいアートフォレスト(美濃加茂市民ミュージアム・岐阜)
亀崎せこみち2016(愛知県半田市亀崎町一帯・愛知)
2017 みのかもannual2017 On location(美濃加茂市民ミュージアム・岐阜)
2018 ポーカーフェイス/3/アフターイメージ 不可視なものの重ね描き[パランプセスト](アートラボあいち・名古屋)
2019 小牧市民病院病棟展示 やさしい美術企画(小牧市民病院・愛知)

その他の活動
2010〜2012年10月 自主運営スペースGALLERY GOHONの運営メンバーとして活動。
受賞
2009 第6回はるひ絵画トリエンナーレ/賞候補

【お問い合わせ先】

水野
mizuno@eightdesign.jp



{cf startdate=2023-08-26}
{cf enddate=2023-10-01}
{cf map=愛知県安城市末広町8-4}
{cf place=8 EIGHT ART HOUSE}

unnamed-file.jpg
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です