514

櫻井大吾「光のゆくさき」

3/30(木)〜5/9(火)

櫻井大吾
「光のゆくさき」
2023年3月30日(木)‐5月9日(火)9:00‐18:00(休廊日:水)
オープニングレセプション4月1日(土)16:00‐(参加費無料・予約不要)

よく旅をします。一週間程の、今の所ではない別の所。
その様な旅をするのは美しいものを取り入れたいからです。
そうして過ごすと、取り入れたものを形にしたいという思いに強く駆り立てられます。
視界を遮るもののない空が開けた海や山。
特にその夕方が好きで、日中何気なく見る空とは別のもの、毎日違った様相に心を囚われます。肌に空気を、季節の移り変わりを感じて、眺めて。
昔の人もそうして観ていたに違いない
普遍的に続いてきた、眼の前に広がる景趣に対し思います。

このようなものが表現できたら。

自然の美しさを取り込み作品を表現していきたい。その輝きを創作物の中に散りばめたい。感じて欲しい。という気持ち、そして鑑賞した方に、言葉にするのが難しいのですが
生きていく上での力をもたらしたいという思いで制作を続けています。
(櫻井大吾)

【展覧会名】

櫻井大吾「光のゆくさき」

Daigo Sakurai「Destination of Light」

【開催日時】

2023-03-302023-05-09
9:00〜18:00
休館日:水曜日

【ジャンル】

絵画, 平面その他, 彫刻・立体

【会場】

8 EIGHT ART HOUSE


8 EIGHT ART HOUSE
愛知県安城市末広町8-4DENCITY1F

エリア:愛知県内

愛知県安城市末広町8-4

【Webサイト】

https://eightarthouse.jp

【料金】

入場無料

【詳細】

櫻井大吾
Daigo Sakurai

三重県出身

自然の美しさを取り込み
その輝きを散りばめた作品を表現
そして鑑賞者に生きていく上での力をもたらしたい

多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、同大学修士号取得
TBSの番組セット・映像制作に携わる
また、美術予備校の主任講師として受験生を指導
卒業後トッパン印刷株式会社入社、書籍・広告のデザインディレクションを担当
退社後、2016年デザインの個人事務所FAFを設立

現在、平面・立体・写真など、様々な表現で制作を行い、
国際芸術祭にて作品展示や講演会など、活躍の場を広げている

主な受賞歴
佐藤可士和最優秀賞
青木克典最優秀賞
タイポディレクターズクラブ入賞
イタリア生物多様性広告優秀賞
亀山茶パッケージデザイン最優秀賞

【お問い合わせ先】

水野
mizuno@eightdesign.jp



{cf startdate=2023-03-30}
{cf enddate=2023-05-09}
{cf map=愛知県安城市末広町8-4}
{cf place=8 EIGHT ART HOUSE}

33.jpg
Pocket
LINEで送る

One thought on “櫻井大吾「光のゆくさき」

  1. 三重県で定期的に開催されている、亀山トリエンナーレのメインビジュアルの流れ星の形をした作品の作家さんですね。
    愛知県で個展、とても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です