271

情の深みと浅さ

10/1(火)〜10/14(月)

あいちトリエンナーレは「情」の意味を、「情報」の情、「感情」の情、そして「情け」の情、と分析して「情」から見える現代の姿を先端的な美術作品を通して見せようとしています。それに対して「情」の奥行きと複層性をテーマに、愛知県内で活動するギャラリーが、ヤマザキマザック美術館の展示室の一部を使用して現代のアーティストを紹介するのが本展となります。(企画協力:愛知県美術館拝戸雅彦コメント)
ヤマザキマザック美術館のアール・ヌーヴォー展示室で開催される本展の見どころは、各ギャラリー一押しの現代美術作家の作品が見られること、それら現代アートと100年以上前の家具やガラスとの饗宴をお楽しみいただけます。

【展覧会名】

情の深みと浅さ

Depth and Shallowness of Emotion, Information, and Compassion

【開催日時】

2019-10-012019-10-14
平日 10時から17時30分/土日祝 10時から17時※入館は閉館の30分前まで
休館日:10月7日(月)

【ジャンル】

絵画, 彫刻・立体, 家具

【会場】

ヤマザキマザック美術館


The Yamazaki Mazak Museum of Art
愛知県名古屋市東区葵1-19-30

エリア:名古屋市内

愛知県名古屋市東区葵1-19-30

【Webサイト】

http://bit.do/faALB

【料金】

一般1,000円、小・中・高生500円、小学生未満無料

【詳細】

本展に参加した18画廊は、NCAM(Nagoya Contemporary Art Map)のメンバーです。
NCAMは「第1回あいちトリエンナーレ2010 」開催にあたって設立された団体です。現代美術作品をプライマリーに取り扱う名古屋市および愛知県内のギャラリ―(企画画廊)の名前と所在を周知させるという意図もあり、事務局の許可を受けて、同年6月に立ち上がりました。NCAMでは、トリエンナーレ開催ごとに、各ギャラリーの場所と会期中の企画内容を掲載するmapを作成しています。また、名古屋のアートシーンをさらに楽しんでいただけるよう、ウェブサイトやFacebookを通じて情報発信を行っています。
https://ncam.localinfo.jp/pages/2217596/page_201808281438

【お問い合わせ先】

学芸担当 坂上 / 広報担当 西川

052-937-3737



{cf startdate=2019-10-01}
{cf enddate=2019-10-14}
{cf map=愛知県名古屋市東区葵1-19-30}
{cf place=ヤマザキマザック美術館}

unnamed-file.jpg
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です