136

竹田尚史 質量の泉と重力の霧

9/21(土)〜10/27(日)

「芸術と自然」をテーマとした現代美術レジデンスプログラム。今年度は自然界の質量や重力に着目し、立体作品や写真、インスタレーションなど多様な表現を展開する竹田尚史を紹介します。

物理的な関心を持つ作家は、はかりや時計などの数字をつかさどる道具を用い、意図的にずらすなどして通常と異なる値を表示させます。するとモチーフは重力や質量、時間を示す数値から解かれ、現実に浮遊する不可思議な存在となります。固定概念から放たれるような機知に富むいくつもの試みが集合する時、現実と背中合わせの仮想の世界が築かれます。

作家はまた、初期から自分自身の体と同等の質量を空気や水に置き換える試みを続けています。今回の滞在制作では、ミュージアムを囲む森で自分の質量を探して、その変換を行います。

私たちにとって質量・重力・時間は、概念として認識していながらも、実感としてつかみきれない存在でもあります。竹田尚史はそれらを、自分の身体を通じて表わそうと試みます。作家が創りだしたフィクションとノンフィクションが混在する空間に身を置く時、この世界を自分自身の感性でどう把握して生きていくのか、思いを巡らせるきっかけとなれば幸いです。

【展覧会名】

竹田尚史 質量の泉と重力の霧

Takeda Hisashi  Fountain of mass and mist of gravity

【開催日時】

2019-09-212019-10-27
9:00~17:00
休館日:月曜日(ただし祝日の場合は開館し、直後の平日休館)

【ジャンル】

インスタレーション, 立体その他

【会場】

美濃加茂市民ミュージアム


Minokamo City Museum
岐阜県美濃加茂市蜂屋町上蜂屋3299-1

エリア:愛知県周辺

岐阜県美濃加茂市蜂屋町上蜂屋3299-1

【料金】

入場無料

【詳細】

◆竹田尚史 アーティストトーク

日 時:9月21日(土)14:00~15:00
会 場:美濃加茂市民ミュージアム 企画展示室・美術工芸展示室
参加料:無料

【お問い合わせ先】

展覧会担当:和歌
museum@forest.minokamo.gifu.jp
0574-28-1110



{cf startdate=2019-09-21}
{cf enddate=2019-10-27}
{cf map=岐阜県美濃加茂市蜂屋町上蜂屋3299-1}
{cf place=美濃加茂市民ミュージアム}

takeda_b2_cs6kk.jpg
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です