442

開館20周年記念企画展 嗅覚のための迷路

10/12(土)〜12/8(日)

 帰り道、よその家の台所から漂ってくる夕飯の匂い、雨が降る前の匂い、昔の恋人の匂い。日常生活のなかには、食べ物、環境臭、体臭などあらゆる匂いが混在しています。そしてその匂いを、私たちは産声を上げた瞬間から現在まで呼吸とともに感じ取っています。目には見えず、かたちをもたない匂い。記憶の奥底まで沈んでしまっていた思い出や感情を、瞬時にして掬い上げることができる匂い。
 本展は、匂いを新しいメディアとして、アートと嗅覚の融合を試みるMaki Ueda(1974-)の美術館での初個展となります。匂い(嗅覚)だけを頼りに空間を動き回る、代表作《嗅覚のための迷路》のほか、最新作も展示します。
 絵画や彫刻、映像など視覚的な要素をもつ作品が多数を占め、「視覚」による鑑賞が当たり前となっている今日。普段とはちがう「嗅覚」による鑑賞をお楽しみください。

【展覧会名】

開館20周年記念企画展 嗅覚のための迷路

Olfactory Labyrinth

【開催日時】

2019-10-122019-12-08
10:00~19:00(入館は30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌平日が休館)

【ジャンル】

インスタレーション, イベント

【会場】

清須市はるひ美術館


Kiyosu City Haruhi Art Museum
愛知県清須市春日夢の森1番地

エリア:愛知県内

愛知県清須市春日夢の森1番地

【料金】

一般 500円、中学生以下無料

【詳細】

【関連イベント】
◆アーティストトーク
作家本人が作品について語ります。
10月12日(土)16:00~
40分程度、予約不要

◆ガイドツアー
担当学芸員が本展をご案内します。
10月26日(土)、11月23日(土)11:00~
11月10日(日)、12月8日(日)14:00~
30分程度、予約不要

【お問い合わせ先】

藤本

052-401-3881



{cf startdate=2019-10-12}
{cf enddate=2019-12-08}
{cf map=愛知県清須市春日夢の森1番地}
{cf place=清須市はるひ美術館}

b2_03_page-0001mini.jpg
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です