103

山下清文・春日葉子 2人展 ~抽象という名の風景~

9/14(土)〜9/29(日)

「作品制作は日常の中で自分に足りないものを埋め合わせる」行為という山下清文の重厚な表現と、「命は生まれ、輝き、次につながっていく」その思いを、余白を活かした色面と自由な線で表現する春日葉子の軽やかさの中にある強さ。2人の抽象画の世界がギャラリー空間を彩ります。
初期から最近の作品を並べる予定の山下はGalleryGでは初めての展示となります。春日はこれまでGalleryGでは6~7人のグループ展に出品してきました。今回のこの2人展では、大作を中心に約16点を展示予定です。
ぜひご高覧ください。 

【展覧会名】

山下清文・春日葉子 2人展 ~抽象という名の風景~

Kiyofumi Yamashita & Yoko Kasuga 2 person exhibition~The landscape of the name as abstraction~

【開催日時】

2019-09-142019-09-29
12:00~19:00(最終日18:00)
休館日:月~金

【ジャンル】

絵画

【会場】

GalleryG


GalleryG
愛知県名古屋市北区憧旛町3-11

エリア:名古屋市内

愛知県名古屋市北区憧旛町3-11

【料金】

入場無料

【詳細】

山下清文
■制作コンセプト
私にとって作品を制作することは日常生活の中で自分に足りない
何かを埋め合わせることです。それが孤独感であったり、喪失感で
あったりします。それを色や線で構成してその時の私の感じたこと
を表現できればと思っています。
今回の作品展示は初期の作品から最近の作品を展示しております。
その時に感じたものがあれば幸いです。

■プロフィール
1967年 三重県四日市に生まれる
1991年 名古屋芸術大学美術学部デザイン科卒業
2001年 三重県美術展覧会 入選(2003、2005、2007、2018年)
2014年 brige(大分県)にて個展
2017年 コトブキヤ(大分県)にて個展
2018年 アートgalleryスカーラにてグループ展「June展」出品
名古屋市民ギャラリーにてグループ展「それぞれの現在夏展」出品
愛知県美術館にてグループ展「それぞれの現在冬展」出品
2019年 アートgalleryスカーラにてグループ展「June展」出品
    名古屋市民ギャラリーにてグループ展「それぞれの現在夏展」出品

春日葉子
■制作コンセプト
「命は生まれ、輝き、そして次に繋がっていく。」
そんな思いを、滲んだ色面と自由な線で表現しています。

■プロフィール
東京都出身・愛知県在住。
短大でインテリアコーディネートを専攻。
建築事務所勤務後グラフィックデザインを習得し、
デザイナー・イラストレーターとして活動をする。
2014年より抽象画を描き始める。
2017年 個展(銀座K’sGallery-an)
2019年 個展(銀座K’sGallery)
その他、名古屋・東京を中心にグループ展等に参加。

【お問い合わせ先】

建部

09041666547



{cf startdate=2019-09-14}
{cf enddate=2019-09-29}
{cf map=愛知県名古屋市北区憧旛町3-11}
{cf place=GalleryG}

img745.jpg
Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です