206

拡がる銅版画の世界Ⅱ ー腐食銅版画の魅力ー

8/21(水)〜8/24(土)

エッチングやアクアチントなど、防食剤で覆った銅板に腐食を施すことで原版を
作成する腐食銅版画は、銅版画の代表的な技法です。
わが国では、第二次世界大戦後にその自在な表現の可能性が注目され、
数多くの実験的な取り組みがなされてきました。
本展では拡張する腐食銅版画の魅力の一端を、二見彰一、中林忠良ら、
新感覚の表現世界を切り開いてきた作家を中心に約 10 点の作品で紹介します.。
なお、本展覧会は「一般博物館実習」の一環として行われるもので、運営は受講生によって行われます。

【展覧会名】

拡がる銅版画の世界Ⅱ ー腐食銅版画の魅力ー

Contemporary Intaglio Exhibition II

【開催日時】

2019-08-212019-08-24
10:00~18:00(最終日は17:00まで)
休館日:会期中無休

【ジャンル】

版画

【会場】

名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」


Nagoya University project gallery 「clas」
名古屋市千種区不老町全学教育棟本館1F 南入口横

エリア:名古屋市内

名古屋市千種区不老町

【Webサイト】

http;//www.ilas.nagoya-u.ac.jp/clas/

【料金】

入場無料

【詳細】

【 会 期 】 8 月 21 日(水)~8 月 24 日(土) 10:00-18:00(最終日は 17:00 まで)※予約不要・入場料無料

【イベント】・ 受講生によるギャラリートーク :8 月 24 日(土)①10:30- ②13:00-
      ・ 川田英二氏によるアーティストトーク:8 月 24 日(土) 15:00-    ※予約不要・入場料無料

【 会 場 】名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」

【 住 所 】〒464-8601 名古屋市千種区不老町

【アクセス】地下鉄名城線「名古屋大学」駅の1 番出口より西へ 5 分、全学教育棟1F南入口横

【 主 催 】名古屋大学人文学研究科博物館学研究室

【 H P 】http://www.ilas.nagoya-u.ac.jp/clas/

【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/nu.gallery.clas/

【お問い合わせ先】

栗田 秀法
clas.nagoya@gmail.com
052-747-6585



{cf startdate=2019-08-21}
{cf enddate=2019-08-24}
{cf map=名古屋市千種区不老町}
{cf place=名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」}

000001.jpg
Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です