155

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

8/10(土)〜11/4(月)

大正 8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして世界に誇る作品を生み出してきました。
「良きが上にも良きものを」の理念のもと生産される磁器は、フランスのセーヴルやドイツのマイセンなど西洋の名窯にも比肩する高い品質を有していると評価されています。品格を備えた洋食器は、皇室をはじめ、数多くの文化人や財界人に愛されたほか、老舗ホテルやレストランでも供され、日本の洋風文化の一翼を担ってきました。本展では、草創期から現在までの作品を通じ、その優れたデザインや品質を紹介するとともに、日本の洋食器文化における同園の役割を探ります。

【展覧会名】

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

100years of Japanese Tableware – Okuratoen

【開催日時】

2019-08-102019-11-04
10:00~18:00(入館は17:00まで)
休館日:月曜日(ただし 8 月 12 日、9 月 16 日・23 日、10 月 14 日、11 月 4 日は開館)、8 月 13 日、9 月 17 日・24 日、10 月 15 日

【ジャンル】

陶芸

【会場】

岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ


Museum of Modern Ceramic Art, Gifu
岐阜県多治見市東町4-2-5セラミックパークMINO内

エリア:愛知県周辺

岐阜県多治見市東町4-2-5

【Webサイト】

http://www.cpm-gifu.jp/museum

【料金】

一般:900円、大学生700円、高校生以下無料

【詳細】

○講演会+実演「大倉陶園の技法の変遷」  8 月 24 日(土)14:00-16:00   
講 師:高瀬進行氏(株式会社大倉陶園)  
実 演:木村千尋氏(株式会社大倉陶園)  
場 所:岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム  
*聴講無料、事前申込不要

○講演会「富士屋ホテルと大倉陶園」  9 月 15 日(日)14:00-15:30   
講 師:北村雅之氏(富士屋ホテル総料理長)  
場 所:岐阜県現代陶芸美術館 プロジェクトルーム  
*聴講無料、要事前申込(電話 0572-28-3100 /メール momca2019event@gmail.com)  
[受付開始:8 月 3 日(土)]

○喫茶+解説「大倉陶園のうつわで楽しむティータイム」  11 月 2 日(土) 
①11:00-12:00 ②14:00-15:00  
解 説: 吉井加奈美氏(株式会社大倉陶園)   
定 員:各回 20 名  
場 所:セラミックパーク MINO レストラン  
参加費:500 円  *要事前申込(電話 0572-28-3100)
[受付開始:9 月 7 日(土)]

○奈良ホテル 特別鑑賞バスツアー  10 月 20 日(日)  
*詳細は後日当館 HP などでお知らせいたします。

○ギャラリートーク  8 月 11 日(日)、9 月 8 日(日)、10 月 27 日(日)
 各回 14:00-15:00 *要観覧券、事前申込不要

【お問い合わせ先】

展覧会担当:山口/写真データ貸出:水野
musem.1@cpm-gifu.jp
0572-28-3100



{cf startdate=2019-08-10}
{cf enddate=2019-11-04}
{cf map=岐阜県多治見市東町4-2-5}
{cf place=岐阜県現代陶芸美術館 ギャラリーⅠ}

unnamed-file_2.jpg
Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です