198

『aからbの時間』大泉安展

6/8(土)〜6/23(日)

大泉安

2004 名古屋芸術大学美術学部絵画科洋画専攻版画コース卒業
1981 徳島県生まれ

主な展示歴
2018 個展「ぼくときみ」 GALLERY APA
    第9回 はるひ絵画トリエンナーレ
2017 個展「from both sides of a fabric」 GALLERY APA
    個展「雲の上の水」 モノコト~空地~(千種正文館2階)

パレットに残った絵具を見て、面白半分でプレス機に通してみた。
紙に刷られた生き生きとした絵具からは、胸がときめくような感じがした。
それから機会をみて刷るように決めた。(それは水彩絵具を使用したときのみ行う。)
しかしどうしてだろう、そもそも本筋ではない存在というか残骸物。

まとまった数になったとき、何なのかなと少し考えた。
チューブから出た絵具は混ざり合い、のばされ、何かの一部になっていく。
残った絵具には、それに至るまでの道筋になるかけらが垣間見れる。
それは楽器を演奏する人のチューニングや練習風景みたいなものだろうか。
ただの絵具が、何か意味のあるものへ変化していく時間の痕跡なのだろうか。

今回は、以前から刷りためてあったpaletteをまとめて展示することにした。
見に来て頂いた方にも、同じようなことがあると思って。

【展覧会名】

『aからbの時間』大泉安展

『Time from a to b』 An Oizumi Exhibition

【開催日時】

2019-06-082019-06-23
11時~19時(最終日は17時まで)
休館日:月曜日

【ジャンル】

版画

【会場】

GALLERY APA


GALLERY APA
愛知県名古屋市瑞穂区汐路町1-14 2階

エリア:名古屋市内

愛知県名古屋市瑞穂区汐路町1-14 2階

【Webサイト】

http://www.gallery-apa.com/

【料金】

入場無料

【詳細】

【お問い合わせ先】

大泉安
gallery-apa@nifty.com
052-842-2500



{cf startdate=2019-06-08}
{cf enddate=2019-06-23}
{cf map=愛知県名古屋市瑞穂区汐路町1-14 2階}
{cf place=GALLERY APA}

Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です