911

卒業制作展|名古屋学芸大学


名古屋学芸大学 卒業・修了制作展

@愛知芸術文化センター8F・12F

おはようございます。もうすぐ名古屋の芸大の卒業制作展シーズンです。名古屋学芸大学の卒業制作展は他大学より少し早めの、この時期に毎年開催していますね。

今回は、アートトラベルにも掲載されている「名古屋学芸大学 卒業・修了制作展」に行ってきました〜。この日は愛知芸術文化センター8F、デザイン学科と映像メディア学科の展示を見てきました!

8Fの受付を済ませると、パンフレットやアンケートがもらえました。袋の中にはオリジナルのクリアファイルも!

IMG_4074

まず入るとデザイン学科からスタートです。ビジュアルコミュニケーションデザインから始まり、次にスペース・プロダクトデザインとコースごとに展示されていました。

こちらの写真は8F真ん中のラウンジスペースで展示されていた、ビジュアルコミュニケーションデザインコースの学生さんの「100 funny ideas」。

IMG_4044

この丸いラウンジのスペースは毎年デザイン学科が展示をしていて、どんな展示がされるのか毎回楽しみにしています!

デザイン学科の展示が終わると次は映像メディア学科の展示がありました。まずは写真の展示が続きます。廊下にも小さな作品が展示されていたので、お見逃しなく。

IMG_4057

次はインスタレーションのお部屋、展示室Gのスペースです。大学院生の修了作品も一緒に展示されていました。

IMG_4053

映像メディア学科には映画を制作している学生さんもいますが、今回はなんと!映画の美術セットの作品を展示している学生さんがいました。セットの中にも入れるようなので、記念撮影もしてきました。是非このセットを使って映画を撮って欲しいですね!

IMG_4048

次の写真も展示室Gのスペース、暗いお部屋。こちらにもインスタレーションがたくさんありました。

IMG_4051

今年はなんだかこの暗い部屋に作品数が多い印象で、冒険に出る気分で作品を見てきました。

続いてインスタレーションのお部屋の真ん中あたりにあった作品、「流るる」。靴を脱いで、お邪魔してきましたよ〜。このスペースも毎年どんな作品が展示されるのか楽しみのひとつです。

IMG_4054

このお隣にはVRの作品もありました!

このほかにも、愛知芸術文化センターの12Fでは、映画がスクリーン上映されていました。会場にはポスターが貼られていて、映画館に来たような雰囲気です。作家によるトークが行われる上映回もあるようなので、その時に映画を見るのもいいですね。

そして、パフォーマンス公演が別の場所であるようです。今年は愛知芸術文化センターではなく、鶴舞のKDハポン!こちらは金〜日のみ公演とのことです。

学生さんの作品をたくさん見ることができる、年明け最初の展覧会でした。名古屋の芸大の卒業制作展シーズンより少し早めですが、週末にいかがでしょうか。1日では回りきれないかもしれませんが、色々なジャンルの作品展示を鑑賞できました。お近くにお越しの際には是非ふらりと足を伸ばしてください。

AAT: ito.m

*展覧会情報

名古屋学芸大学 メディア造形学部 映像メディア学科/デザイン学科/大学院メディア造形研究科 卒業修了制作展
<会期>2017/1/11(水)~1/15(日)
<会場>【展示・上映】愛知芸術文化センター8F・12F【パフォーマンス公演】KDハポン

【詳細情報】
展示:10:00~18:00(13日(金)は20:00迄/15日(日)は17:00迄)
上映:詳細な上映スケジュールは展示会場で発表いたします
パフォーマンス公演:
1/13日(金)18:30開場/19:00開演、
1/14日(土)・1/15日(日)16:30開場/17:00開演
※パフォーマンス公演会場は席数に限りがあり、入場を制限させていただく場合がございます

卒展特設サイト:http://media.nuas.ac.jp/sotsusei2017/

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
Masami Ito
名古屋市生まれ。2011年より映像を用いた作品を制作・発表している。ぼうっと佇んでいる状態を基点とした意識の形態の表現を試み、日々活動中。2015年、名古屋学芸大学大学院メディア造形研究科修了。2016年に共同アトリエAMRへ加入。 http://itohmasami.tumblr.com/ 「好きな食べものはみつばとチープな味のチョコケーキ」
Masami Ito

最新記事 by Masami Ito (全て見る)