57

収蔵作品展「生誕110年 岡田徹 《標的》シリーズとともに」

6/11(火)〜7/12(金)

名古屋市に生まれ、ほぼ独学で絵画技術を習得し、戦時の文化弾圧を受けながらも社会の不条理を描き続けた岡田徹(おかだてつ、1914-2007)。東海のシュルレアリスム美術を牽引したひとりであり、公募団体「美術文化協会」の代表を務め、また子どもたちへの美術教育や美術界に関する論説に積極的に取り組むなど、多岐に渡る活動はこの地域に大きな影響をもたらしました。
本展では、生誕110年を記念して、当館のコレクションより岡田の作品をご紹介します。さらに特別出品として、水彩とオイルパステルによる《標的》シリーズ(個人蔵)を併せて展示します。

【展覧会名】

収蔵作品展「生誕110年 岡田徹 《標的》シリーズとともに」

Collection Exhibition “110th Anniversary of Toru Okada’s Target Series”

【開催日時】

2024-06-112024-07-12
10:00~19:00(入館は18:30まで)
休館日:月曜日

【ジャンル】

絵画

【会場】

清須市はるひ美術館


Kiyosu City Haruhi Art Museum
愛知県清須市春日夢の森1清須市はるひ美術館

エリア:愛知県内

愛知県清須市春日夢の森1

【Webサイト】

https://www.museum-kiyosu.jp/

【料金】

一般240円  中学生以下無料

【詳細】

【お問い合わせ先】

清須市はるひ美術館

052-401-3881



{cf startdate=2024-06-11}
{cf enddate=2024-07-12}
{cf map=愛知県清須市春日夢の森1}
{cf place=清須市はるひ美術館}

unnamed-file_2.jpg
Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です