242

息をはく、それからすう、またはく、

3/9(木)〜3/15(水)

この展示会は、名古屋造形大学と富山大学の計5名の学生たちによる展示です。タイトルの「息をはく、それからすう、またはく、」には「日常」というイメージが強く結びついています。「息を吐いて吸う」行為は常に絶え間なく行われるものであり、「生きる」という行為に直結します。私たちの作品は、自分たちが今までやってきたことや、日々感じでいることなど「日常」と密接なつながりを持って制作されます。作者たちそれぞれが、自身の内にある言葉にできない感情や葛藤、分からなさと向き合って作品を生み出す過程は、手探りで自分を見つけていく作業とも言えるでしょう。
本展示会では、大学生活の中で制作された作品に加え、この展示会のために新しく制作された作品も展示されてます。作者たちがそれぞれの視点から「日常」を見つめて得た、発見や線の揺らぎを少しでも感じて頂ければ幸いです。

【展覧会名】

息をはく、それからすう、またはく、

breathe out、breathe in、breathe out again

【開催日時】

2023-03-092023-03-15
9:00-18:00
休館日:会期中無休

【ジャンル】

絵画, 版画, インスタレーション, 立体その他

【会場】

龍泉寺


ryousenji
愛知県丹羽郡扶桑町山那大持838番地

エリア:愛知県内

愛知県丹羽郡扶桑町山那大持838番地

【Webサイト】

【料金】

入場無料

【詳細】

【お問い合わせ先】

龍泉寺

0587930834



{cf startdate=2023-03-09}
{cf enddate=2023-03-15}
{cf map=愛知県丹羽郡扶桑町山那大持838番地}
{cf place=龍泉寺}

8befcc17-9476-4335-81cb-0760eeddcd76.jpeg
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です