110

国島 征二 展「記憶の成層圏Ⅸ – SEALED TIME -」

6/25(土)〜7/10(日)

名古屋市名東区の L gallery では、2022年6月25日(土)より 国島 征二 展「記憶の成層圏Ⅸ – SEALED TIME -」 を開催いたします。今展では、今年3月に惜しまれつつ逝去した国島征二の幅広い年代の貴重な作品が展示されます。

長きに渡り国内外で活躍してきた国島征二。1937年名古屋市生まれ。愛知県立旭丘高校美術科卒業。現在の武蔵野美術大で学び、中退後、名古屋に戻って制作にあたります。
1967年から名古屋市中区・桜画廊で作品を発表。70年代半ばから90年代前半ばまでアメリカを拠点とし、1990年代半ば愛知県岡崎市の山中に住居兼アトリエを構えました。

主な作品としてアルミニウム合金や黒御影石、ブロンズを用いた彫刻「積層」シリーズや身近な物を透明樹脂、鉛などで記憶と共に封印した「Wrapped Memory」シリーズ、ドローイングなども精力的に制作。
また、M/Mローダマンロックフェラーやサンフランシスコ空港、名古屋市東山動植物園前などパブリックアートも数多く手掛けてきました。
加えて名古屋市中区栄・ギャラリーU、名古屋市昭和区・ASGがらん屋のディレクションを手掛けるなど、東海地方にとって重要な役割を果たしてきた作家でもあります。

以下DMより)
 2022年3月7日、国島征二が亡くなった。今年6月、9回目となる個展の約束をしていた。「来年、頼むよ!新しい積層の型も、もう用意ができているんだ」昨秋、訪ねてきた時、そんな風に話していたのだが…。

 未だ実感が伴っていない、というのが本当のところでもある。だが額田の山の頂、あのアトリエに足を踏み入れても姿を見つけることはできない。そこで初めて、大きく暗い雲のような不在感に襲われるのだった。

 話すのは得意ではないから作品で語る、ものづくりは言葉を見つけることと同義である。かつて彼はそうも口にしていた。ならば、身体という容れ物は失われても、作家の記憶や時は作品に封じ込められているとも言えるだろう。しかし、それ以上に彼の存在自体が、千の万の言葉を尽くすよりも遥かに強いメッセージを放っていたのだ、と今は思える。

 最期まで作家として生きた人。ものづくりが生きることそのものであり、生涯、己の美学を貫き続けた国島征二。今一度、作品と対峙し、彼の遺した「言葉」を聴きとっていただければと思う。

作品キャプション/”SEALED TIME MY TIME – CUTOFF” 1975 H70 W490 D350mm

【展覧会名】

国島 征二 展「記憶の成層圏Ⅸ – SEALED TIME -」

Kunishima Seiji Exhibition

【開催日時】

2022-06-252022-07-10
13:00 − 20:00
休館日:会期中無休

【ジャンル】

絵画, 平面その他, 彫刻・立体, 立体その他

【会場】

L gallery


L gallery
愛知県名古屋市名東区本郷 1-43The Apartment LiF F-1

エリア:名古屋市中区

愛知県名古屋市名東区本郷 1-43

【Webサイト】

http://l-gallery.jp/

【料金】

入場無料

【詳細】

アクセス
● 地下鉄東山線本郷駅下車、2番出口より徒歩7分。
● エントランスの呼出しボタンF-1を押してお知らせください。
● お車でお越しの方は、建物南側の駐車スペース N にお停めください。

L galleryのコロナウイルス感染症対策について
● ご来廊の際はマスクの着用をお願いいたします。
● ソーシャルディスタンスを保って、ご鑑賞ください。
● 手洗い、アルコール消毒にご協力ください。
● こまめな換気を心がけております。
● 定期的にテーブル、ペン、ドアノブなどを消毒をしております。

【お問い合わせ先】

L gallery

052-774-5599



{cf startdate=2022-06-25}
{cf enddate=2022-07-10}
{cf map=愛知県名古屋市名東区本郷 1-43}
{cf place=L gallery}

kunishima_1.png
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です