223

山田 雅哉 作品展 まぶたの裏は暗闇ではなかった

3/12(土)〜3/27(日)

愛知県立芸術大学で日本画領域として初の博士学位を取得し、古来から使われている日本画材の普遍的な特性・美しさを熟知する彼は、企画展の核となるシリーズ「ZEN」で透明感と重厚感を共存させ、有形無形に絡み合う森羅万象の不可思議を表現しています。今回の展示では「ZEN」の他に、ニュースOne(東海テレビ)のメインビジュアルに採用された「新墨流し」や、アクリル絵具を使ったリズミカルでビビットなドローイングもあり、どれも共通するテーマを持ちながら、空(くう)に満ちる見えない存在を可視化しているように感じます。ぜひこの機会にご覧ください。

【展覧会名】

山田 雅哉 作品展 まぶたの裏は暗闇ではなかった

Masaya Yamada Art Exhibition

【開催日時】

2022-03-122022-03-27
12:00~18:00
休館日:火・水定休

【ジャンル】

絵画

【会場】

侶居


rokyo
三重県四日市市朝日町1-13

エリア:愛知県周辺

三重県四日市市朝日町1-13

【Webサイト】

http://www.studiorokyo.com

【料金】

入場無料

【詳細】

侶居という空間に初めて立ったとき、わたしの印象に強く残ったのは「光」だった。ほんとうのことに、改めて気付くような瞬間がある。そういうとき、それらがそこにただ在ることの意味を、わたしは考える。光はどうして真っ直ぐなのか?水の描く曲線は、何故うつくしいのか?侶居の時間が積み重なった濃度の高い空気に、滲み入る光。岩絵具や水の流れ、草木など、自然の要素が層となる自身の作品に、この光もまた、最後のレイヤーとして迎え入れたい。 山田雅哉

【お問い合わせ先】

日出真司
info@studiorokyo.com



{cf startdate=2022-03-12}
{cf enddate=2022-03-27}
{cf map=三重県四日市市朝日町1-13}
{cf place=侶居}

yamada1.jpg
Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です