134

香りの器―高砂コレクション

9/19(土)〜12/13(日)

 香料を用いて香りを作り、これを楽しむ文化は、はるか古代に始まり、文明の発達とともに進化してきました。文明化された社会では、香りは人々の生活に欠かせないものとされ、人々は異国に香料を求め、貴重な香油や香木をおさめるために、贅(ぜい)を尽くし、美しくかざった器を用意しました。香りは目に見えるものではなく、形を残すものではありません。しかし、今日残される香水瓶、香道具の数々は、人々が愛した香りの文化を現在に伝えています。
 本展では、今年創業100年を迎える高砂(たかさご)香料工業のコレクションより、香りにまつわる工芸品約230点を展示し、香りの歴史と文化をご紹介します。紀元前オリエントやギリシアの香油瓶から、日本の伝統的な香道で使われた漆芸品の数々、ヨーロッパ王侯貴族に愛された17世紀の陶磁器や20世紀香水メーカーの香水瓶まで、古今東西の「香りの器」が一堂に会するこの機会をどうぞお見逃しなく。

【展覧会名】

香りの器―高砂コレクション

Forms for Fragrance: Treasures from the Takasago Collection

【開催日時】

2020-09-192020-12-13
9:30-17:00(ただし、入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日、9月23日(水)、11月24日(火) (9月21日、9月22日、11月23日は開館します)

【ジャンル】

工芸品, 立体その他

【会場】

三重県立美術館


Mie Prefectural Art Museum
三重県津市大谷町11番地

エリア:愛知県周辺

三重県津市大谷町11番地

【料金】

一般900 (700) 円 学生700 (500) 円 高校生以下無料 ( )内は20名様以上の団体料金

【詳細】

【お問い合わせ先】

三重県立美術館 学芸普及課 髙曽由子(こうそ・ゆうこ)、道田美貴(みちだ・みき)
kosoy00@pref.mie.lg.jp
059-227-2100



{cf startdate=2020-09-19}
{cf enddate=2020-12-13}
{cf map=三重県津市大谷町11番地}
{cf place=三重県立美術館}

1.jpg
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です