106

物語としての建築 ―若山滋と弟子たち展―

9/19(土)〜11/23(月)

若山滋は、建築家であり、文筆家であり、研究家でもある。若山の思考領域は、建築・都市・文化・風土・文学・歴史など多岐にわたるが、よく読み込めばその全体が織りなす精妙な論理宇宙が、そして人間とは何かという問いかけが、姿を現す。曰く、―建築は、様式に従ってでもなく、機能に従ってでもなく、物語とともにつくられるのだ、という考えが蓄積された。そこに隠された物語によってこそ「建物」は「建築」となるのだ。モダニズムもまた、ひとつの物語であったのではないかー

若山は、名古屋工業大学において長いあいだ学生たちの教育と指導にたずさわってきた。本展では、若山の手がけた建築作品からその思考の全体像を紹介するとともに、現在建築界で活躍する弟子たちの作品を展示する。若山が設計した美術館全体に、模型、図面、文章、映像などを視覚的に展開することで、一人の人間の思考が時代を超えて受け継がれていく「物語」を表現する。

【展覧会名】

物語としての建築 ―若山滋と弟子たち展―

The Tale of Architecture

【開催日時】

2020-09-192020-11-23
10:00〜19:00(入館は18:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌平日が休館)

【ジャンル】

建築

【会場】

清須市はるひ美術館


Kiyosu City Haruhi Art Museum
清須市春日夢の森1番地

エリア:愛知県内

清須市春日夢の森1番地

【Webサイト】

http://www.museum-kiyosu.jp/

【料金】

一般500円 中学生以下無料

【詳細】

【お問い合わせ先】

奥村

0524013881



{cf startdate=2020-09-19}
{cf enddate=2020-11-23}
{cf map=清須市春日夢の森1番地}
{cf place=清須市はるひ美術館}

a4_1.jpg
Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です