70

百頭たけし・大東忍「野犬のしわざ」

10/5(土)〜10/14(月)

このたび、百頭たけし・大東忍の2人展「野犬のしわざ」を開催する。

写真家の百頭たけしは、自身が「ジャンクヤード」と呼ぶ、産廃処理業者などがあつまる一帯をGoogleマップで見つけ出して、撮影を行う。他方、大東忍は、限界集落のような人間がいない(いなくなる)場所に介入するための手段として、木炭画を中心とした複数のメディアを用いる。

ふたりの制作行為は、ともに特定の「現場」を訪ねるところから始まっている。「現場」となるのは、専ら人びとから打ち棄てられた、吹き溜まりのような場所だ。
ふたりは「現場」を野犬のようにぐるぐると徘徊し、そこに存在したヒストリーの残痕を嗅ぎ回る。よそ者ならではの気軽さで、あったかもしれない出来事の断片を暴きだしていく。

本展は、共同体にとって価値とは何かという問いを出発点にしている。共同体の外側に留まり、老廃物のようにそこに積み上がっていくものを観察するふたりの実践を通し、共同体の内部からでは見えないもの、ひいてはそれを取り込んだ別のかたちの共同体を幻視することを試みる。
(キュレーション:林修平)

【展覧会名】

百頭たけし・大東忍「野犬のしわざ」

HYAKUTOU Takeshi,DAITO Shinobu exhibition

【開催日時】

2019-10-052019-10-14
14:00 – 20:00
休館日:会期中の土・日・月オープン

【ジャンル】

絵画, 写真

【会場】

GALLERY MIKAWAYA


GALLERY MIKAWAYA
愛知県清須市須ケ口2248

エリア:愛知県内

愛知県清須市須ケ口2248

【料金】

入場無料

【詳細】

【お問い合わせ先】

織田
gallerymikawaya@gmail.com



{cf startdate=2019-10-05}
{cf enddate=2019-10-14}
{cf map=愛知県清須市須ケ口2248}
{cf place=GALLERY MIKAWAYA}

yaken.jpg
Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です