246

特集展示:柳原義達―ブロンズ彫刻と原型

12/11(火)〜3/24(日)

ブロンズ彫刻は、粘土等で形作られた作品を石膏や樹脂などに置き換え、それを「原型」として鋳型を製作、熱した銅合金を流し込み鋳造したものです。粘土自体は加工がしやすい反面、変形しやすく長期保管が困難なこと、鋳造の直接の型としては使用できないことから、原型の製作段階で消滅するのが一般的です。

三重県立美術館は、2002 年、彫刻家・柳原義達氏から 72点のブロンズ作品の寄贈を受け、その後、主要な作品の原型もあわせてご遺族より寄贈いただきました。

ブロンズ鋳造の過程においては、職人の高い技能だけでなく、仕上げの着色にいたるまで彫刻家本人による確認作業が重要です。そのため、当館は現在保管している原型を、柳原氏が亡くなられて以降、新たな鋳造が行われないよう管理してまいりました。しかしながら原型は、柳原氏が直接修正を加えたものであり、ブロンズ作品にはない魅力があることから、展示可能な状態へと修復する作業を 4 か年かけておこない、昨年無事終えることができました。

今回はその記念の展覧会となりますが、ブロンズ作品と原型がまとまったかたちで多く展示されるだけでなく、初展示の作品《天女のマケット》や《風見の鶏》なども含めてご紹介いたします。

【展覧会名】

特集展示:柳原義達―ブロンズ彫刻と原型

YANAGUIHARA Yoshitatsu Bronzes and Original Models

【開催日時】

2018-12-112019-03-24
9:30-17:00
休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)

【ジャンル】

彫刻・立体

【会場】

三重県立美術館


Mie Prefectural Art Museum
津市大谷町11

エリア:愛知県周辺

津市大谷町11

【料金】

大人=300円、学生=200円、高校生以下無料

【詳細】

【お問い合わせ先】

高曽・広報

059-227-2100



{cf startdate=2018-12-11}
{cf enddate=2019-03-24}
{cf map=津市大谷町11}
{cf place=三重県立美術館}

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.jpg
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です