179

テーマ展 郷土玩具趣味-”かわいい”の後ろにひそむもの―

4/14(土)〜5/20(日)

「かわいくてなつかしい昔のおもちゃ」「旅の土産の民芸品」といった、親しみやすいイメージで語られる郷土玩具。
具体的にはコマやこけし、だるまなどがあり、当地のものとしては浜松張子がその代表としてあげられます。色とりどりの郷土玩具は、日本の伝統的意匠としても海外から注目され、国内でもその良さが見直されているところです。
郷土玩具集めを趣味とする大人たちが現れたのは明治時代の半ば頃で、昭和の初めころには全国的に関心が高まりました。戦争による一時中断の後、国内旅行ブームの到来により、郷土玩具は来訪記念の土産物として注目され、郷土玩具趣味のすそ野もさらに広がりました。
個人が趣味として集めた郷土玩具は、やがて蒐集家の地元の博物館に寄贈されることも多く、当館にも約3,000点が収蔵されています。こうした収蔵品の整理作業をしていくと、必ず突き当たるのが分類の問題です。民芸品というイメージでありながら、柳宗悦が提唱した「民藝」には含まれず、民俗学の「民具」でもなければ、歴史学の「史料」としても扱いづらく、でもなぜか全国各地の博物館に、当たり前のように所蔵されている郷土玩具。そんなとらえどころのない郷土玩具を集める、郷土玩具趣味の世界を、館蔵品によりご紹介します。

【展覧会名】

テーマ展 郷土玩具趣味-”かわいい”の後ろにひそむもの―

Folk toys

【開催日時】

2018-04-142018-05-20
9:00~17:00
休館日:4/16(月)、23(月)、25(水)、5/1(火)、7(月)、8(火)、14(月)

【ジャンル】

工芸品, 立体その他

【会場】

浜松市博物館


Hamamatsu City History Museum
静岡県浜松市中区蜆塚四丁目22-1

エリア:愛知県周辺

静岡県浜松市中区蜆塚四丁目22-1

【料金】

観覧料 一般300円、高校生150円、中学生以下・70歳以上は無料。各種障がい者手帳をお持ちの方とその介添え者1名まで、無料。

【詳細】

ギャラリートーク(担当学芸員による展示解説)
4/14(土)、26(木)、5/13(日)  14:00~14:30

【お問い合わせ先】

浜松市博物館
hamahaku@city.hamamatsu.shizuoka.jp
053-456-2208



{cf startdate=2018-04-14}
{cf enddate=2018-05-20}
{cf map=静岡県浜松市中区蜆塚四丁目22-1}
{cf place=浜松市博物館}

unnamed-file.jpg
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です