142

拡がる木版画の世界

8/19(土)〜8/23(水)

浮世絵や新版画においては日本の伝統的な美意識に根差した表現が追求されたましたが、明治末の創作版画運動以降、木版画の世界でも表現性や造形性を探求する実験的な取り組みが行われました。本展では現代木版画の世界の拡がりと魅力の一端を、吹田文明、日下賢二など、第二次世界大戦後に新しい感覚の木版画を切り開いてきた作家を中心に約10点の作品でご紹介します。なお、本展は「一般博物館実習」の一環として行われるもので、運営は受講生たちによって行われます。

【展覧会名】

拡がる木版画の世界

Contemporary Japanese woodcut prints

【開催日時】

2017-08-192017-08-23
10::00-18:00( 最終日は17:00まで)
休館日:日曜日

【ジャンル】

版画

【会場】

名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」


Nagoya University Project Gallery [clas]
名古屋市千種区不老町

エリア:名古屋市内

名古屋市千種区不老町

【Webサイト】

www.ilas.nagoya-u.ac.jp/clas

【料金】

入場無料、予約不要

【詳細】

・瀬川麻衣子氏によるアーティストトーク
8月19日(土) 15:30-
・受講生によるギャラリートーク
8月19日(土) 10:30-, 13:30-

【お問い合わせ先】

栗田秀法(名古屋大学人文学研究科博物館学研究室)
hidenorikurita1594@gmail.com



{cf startdate=2017-08-19}
{cf enddate=2017-08-23}
{cf map=名古屋市千種区不老町}
{cf place=名古屋大学教養教育院プロジェクトギャラリー「clas」}

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.jpg
Pocket
LINEで送る

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です